いいんねが

アロマと占星術であなたを応援します

更年期

更年期 1

投稿日:

 

 

 

ここ数年悩まされている不調にアロマやいろんな対策をとってきた気がしたんだけど
いくつか一緒にやってきた不調にガン検査もかねて気軽に婦人科にいってみよーと
思ったのがはじまり

そして大抵の不調は「更年期」という言葉一つで治まってしまった 事に
気づいてしまいました (;´・ω・)

そんな訳で更年期について
思い起こせば今から4年も前。。笑
子供の試合を見に行けば首タオルをしているのは私一人だった
ほてるという訳ではないが、汗かきだった・・
そしてなんとなく髪の毛が抜けるわあと思い出しはじめたのはそれから一年後ぐらい
もちろん生活の事や仕事、いろんな事が重なってたのでストレスだと思っていた・・
そして昨年辺りからインプットされたシステムみたいに予測可能だったはずの
お月のものが乱れはじめた。
で今年は疲れがとれなくて、いつもの腰痛に加え、足腰が妙に傷んで
接骨院通いが普通になってしまった
そのうちお月の量の多少が著しくなった
おまけに無理がきかなくなったのか、めまいなんかもあったり
朝起きるのが地獄のよう
二度寝したい
眠いはずなのに夜中物音がして起きると目がさえる。。。
車を運転してて前の車にいらつく事が多い
いつもは何でもないことなのに
知人に感情的になってしまった

いくらなんでも
これは異常だなあと思いはじめた
姉が言った
更年期だよ・・・

あーやっぱり そうだよね
友達に聞いたら同世代がみんな更年期オンパレードになってると
なんだかんだ言って
もう2年もきてないとか、半年きてないとか
あーみんなそうなんだ!!
仕方ねな

うじゃ 乗り切るしかねーべ
てな訳で更年期???わかっているようで???な女性のしくみ
その辺りを少しみてみたよ

meno +pause (メノポーズ)
フランス語で月のものがなくなること
をいうらしい・・・そのままだ!!

更年期になると加齢に伴う卵巣機能の低下によって卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の量が減り、これが脳の視床下部にある自律神経中枢に影響を及ぼして自律神経失調症を引き起こします。またこの年代の女性を取り巻く家庭や社会環境の変化からくる心理的ストレスが大脳皮質・大脳辺縁系に影響を与え、憂うつや情緒不安定などの精神症状を引き起こします・・・・
Yahoo!ヘルスケア 更年期より

 

女性ホルモンってなに?
女性ホルモンには排卵前までにピークになるエストロゲン(卵胞ホルモン)と排卵後に分泌量が増えるプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類がある。
この二つのホルモンが脳からの指令を受けて卵巣から分泌され、生理が正常な場合約28日サイクルで生理がきます。そしてこのホルモンに合わせて体調や気持ちの変化が起きます。

〇エストロゲン~美のホルモン、女性らしさを作る
子宮内膜を厚くする
受精卵の着床を助ける
卵子を育てる
肌のハリをだす
新陳代謝を促す
内臓脂肪をつきにくくする
髪をツヤツヤにする
自律神経や脳の働きをよくする
コレステロール値を下げる
血管や骨を丈夫にする
記憶力をUPさせる

〇プロゲステロン~母のホルモン、妊娠を維持するための作用あり
子宮内膜をさらに厚くする
卵胞の発育を抑制する
エストロゲンの作用を抑制する
体温を上昇させる
水分をためこむ
新陳代謝を遅らせる
皮脂分泌が活発になる

~セラピストのための女性ホルモンの教科書~烏山ますみ著 より

 

この本にはホルモンバランスを崩しやすい体的な原因を3タイプに分類し
タイプに合わせたトリートメントを紹介しています

更年期のみならず、日ごろからPMSや生理痛などにお悩みのみなさんにオススメです

 

いつもは卵胞を大きくしてね、しましたあ
じゃあ排卵してくださいねえなんて感じで脳とのやりとりを数回しているものが簡単にいうと脳からのホルモンだしてくださいねえの指令に対して、卵巣がそれに応えられずフィードバックがうまくなされないために、出してくださいよ~出してくださーい~ の指令が出続けるというわけ。それで同じ大脳の視床下部でコントロールされている自律神経もその影響を受けて乱れが生じてくるという事らしい。

エステロゲンの減少によりおこってくる症状は
肩こり、のぼせ、めまい、抜け毛、薄毛、動悸、息切れなどなど

ただ上記の女性ホルモンバランスプランナーの烏山ますみさんの本にあるのは
じゃあエストロゲンが多いといいなと思いがちだけれどプロゲステロンにはエストロゲンのマイナス作用を打ち消してくれる働きがあったり、またエストロゲンの過剰になりすぎることによる子宮ガンや乳がんのリスクを軽減してくれてるんだそうです。
最近はエストロゲンを大豆や豆乳などからたくさん摂ったほうがいいと思う人が多いが
エストロゲンが多いことによる子宮がんや乳がん、子宮内膜症などのリスクが高まる事や
エストロゲンとプロゲステロンのバランスがとても大切だという事を書いておられます。

そうなんですよね
何事もバランスなんですよね
しかも食べ物から私たちの体はできているのですものね
最近は食べ物って重要じゃない?
そんな風に思ってきた私です。
そんなこんなで自然に任せて無くなるものなら、それに任せて出ている症状に合わせて
症状を抑えるという漢方に近い考え方が私はいいな!と思うのですが
まずは病院ですすめられたサプリと
それからアロマからの両方のアプローチをこれからUPしていきたいと思います~~

 

 

 

 

 

 

 

-更年期

Copyright© いいんねが , 2019 All Rights Reserved.